【釣り】神戸港 ポーアイ沖堤防 超一級青物ポイントに突撃してきました! 渡船のご案内もありますよ~。

記事内広告PC

朝マズメのポーアイ沖堤防は牙軍団の巣窟でありました!

2017年9月15日、9月26日は単独釣行、10月3日は釣りガールズとの釣行、10月13日には当ブログの常連の釣り仲間Bさんと一緒に、ポーアイ沖堤防(とその周辺の波止)に突撃してまいりました。

ポーアイ沖堤防は、ポートアイランドと神戸空港の間の水道に面したポイントで、ちょうど神戸空港ベランダからは対角線上の反対側に位置する堤防です。
水道に面しているとはいっても、明石海峡周辺とは比べ物にならないほど潮の流れは穏やかで、大潮の日でも40グラムのジグで底が取れます。
ただ、渡船乗り場付近は無風でも沖堤防はかなり風が強い時がありますので、60グラム程度の重めのジグの用意はしておいたほうがいいでしょう。

合計4回通ってみて、だいぶ勝手がわかってきましたので記事にさせていただきます。

関西一円で超有名な一級ポイントですので、以前から「一度は突撃しないと」と思っていたのですが、「渡船料が高いんじゃ…」とか「上級ジギンガーばかりで敷居が高そうやなぁ…」と思って躊躇していました。

ですが、やはり案ずるより産むがやすしですね。
皆さん気さくな方ばかりで、何度も「やまねこさんですよね?」とお声もかけていただいて、楽しい釣行になりました。

あれ?でもなんで身バレするんだろう?
YouTubeにも顔は出してないし… 謎です…
「なんとなく感じで分かります」と言われますが、僕ってそんなにキャラが立ってますかねぇ??
しがない中年オヤジだと思うのですが…

松村渡船さんのご案内です。

ポーアイ沖堤防への渡船は、神戸渡船さん と、松村渡船さん になりますが、僕はいつも平日に釣行していますので、松村渡船さん を利用させていただいています。

翌日の渡船の予定は天候などによって変わりますので、神戸渡船さんのブログ松村渡船さんのブログ を必ずご確認の上、お出かけくださいね。

松村渡船さんの平日の乗り場はこちらになります。

左手に見えるのが阪神高速の摩耶インターです。
摩耶インターを降りて南側の一つ目の信号を右折していただくと、すぐに入口があります。

この看板が目印になります。

この看板ですよー。

入ってすぐのところにファミリーマートとなか卯がありますので、すぐにお分かりいただけるかと思います。

こちらが入口側の駐車スペースで、

こちらが奥側の駐車スペースになります。

駐車スペースから入口側を見たところです。
このちょうど左側が渡船乗り場となります。

駐車スペースの脇には、釣り具のPOINTさんがあります。
POINTさんの駐車場には止めないでくださいね。
出船前には松村渡船さんの方が駐車案内をされていますので、指示に従ってください。

沖でタチウオカッター、サゴシカッターにやられまくった後は、こちらでジグの補給も出来ます(笑)

こちらの船で渡してくださいます。

料金はポーアイ沖堤防の場合、2,200円となります。

定員は45名となりますので、混み合うシーズンはお早めにお越しください。
定員に達した時点で打ち切りとなりますので、平日の一番船は4時半出船ですが、4時には現地到着しておいたほうが無難です。

こちらに携帯番号も載っていますが、操船中は電話に出られないことも多いそうです。
最新情報は、出来るだけ松村渡船さんのブログでご確認くださいね。

行ったことは無いのですが、松村渡船さんの土日祝日の乗り場はこちらです。
平日の乗り場からは道路を挟んですぐの場所のようです。

こちらも利用したことは無いですが、神戸渡船さんの乗り場はこちらになります。

記事内広告PC

2017年9月15日 単独偵察釣行

この日は釣りガールズとBさんとの釣行前に、まずは単独で偵察釣行してまいりました。
彼らと同行する前に、スムーズに渡船に乗船できるよう下調べするのが目的でしたので、さほど期待もせずに突撃してみたのですが…

ちなみに、この日はポーアイ沖堤防本体は激混みでしたので、ポーアイ沖堤防のすぐそばのちっちゃーい波止に上陸しました。
地元の方にはバレバレですが、こちらの具体的な名称は伏せさせていただきます。
年配の常連さんが、まったりと飲ませ釣りなどを楽しまれているポイントですのでご容赦下さいね。

ポーアイ沖堤防のすぐそばのちっちゃーい波止に上陸したものの…
こんなに人気のないポイントで釣れるのでしょうか?

美しい夜明けですなぁ。
すさんだ心が洗われるようですよ。

対岸の神戸の夜景も綺麗でんなー。
とマッタリしてる場合じゃないですね。
早く戦闘開始しないとタチウオの時合いが終わってしまいまんがな!

この日の釣行の様子は、ぜひ動画をご覧くださいね。

僕のYouTubeチャンネル も、閲覧&チャンネル登録して頂けましたら幸いです。

実はわて、この日は爆釣してしまいましてん。
バラシ、リリースも含めるとサゴシ20本以上、指5本近いタチウオと指3本半のタチウオまで釣ったりまして、帰りにBさんの家に寄って、おすそ分け&釣果自慢までしたりましたわ!
もうね、ウッハウハですわ!

それにしても、指5本近いタチウオはんはデカかったでんなぁー。
見た瞬間「このタチウオでかっ!」って叫んでしまいましたがな。

この太刀魚デカっ!太刀魚デカっ!デカっ!
というわけで、


タチウオ刑事(デカ) 「最近の連続メタルジグ窃盗事件、犯人はオマエらやろ!」
タチウオ刑事(デカ) 「今日も”やまねこ”っちゅう弱小ブロガーから被害届が出とるんや!」
タチウオ刑事(デカ) 「素直にゲロしたら全員刺身にしたらんでもないど」

サゴシA「なに言うてはるんでっか刑事はん!」
サゴシA「証拠もなしに決めつけたらあきまへんで!」

サゴシB「証拠はあるんでっか!証拠はっ!」
サゴシB「女房も子供も待ってるさかいに、もう帰らしてもらいまっせ!」

サゴシC「だいたいワシらがシマシマの青いジグとか!」
サゴシC「なんやキャンディみたいに美味しそうな色したジグをっ!」
サゴシC「盗んだっちゅう証拠がどこにあるんでっか?!」
サゴシC「って・・・ あっ!」

タチウオ刑事(デカ) 「”やまねこ”はんが盗まれたジグとおんなじ色やないかい!」
タチウオ刑事(デカ) 「やっぱりオマエらが犯人やったんかい!全員西京漬けじゃ!!」
サゴシA・B・C「ぐっはぁぁーー!」

というわけで、メタルジグ連続窃盗犯は西京漬けと、

あら炊きになったのでした。




タチウオ刑事(デカ) 「ふぃー、今回は厳しいヤマやったのぉ…」
タチウオ刑事(デカ) 「これで釣り人はんらも安心やろ。 (タバコ) プハー」

しかし、本当の黒幕がタチウオ刑事(デカ)であることを知っているのは、私だけではあるまい・・・

というわけで、海の恵みに感謝して、刺身と西京漬けとあら炊きで美味しく頂きました。

ポーアイ沖堤防のすぐそばのちっちゃーい波止から見た、神戸空港連絡橋です。

正面の長大な波止が、ちっちゃーい波止から見たポーアイ沖堤防となります。

ポーアイ沖堤防のすぐそばのちっちゃーい波止から見た、摩耶インター方面です。

こちらで釣れたサゴシは結構肥えていて、サゴシにしては脂が乗ってました。

グガァァァーー!キサマら許さん!許さんぞぉー!
(なんとなく寄生獣を思い出しましたw)

グギ・ギ・ギ・ギ・・・(寄生獣的な)

記事内広告PC

2017年10月3日 釣りガールズとポーアイ沖堤防に釣行

初回の釣行で味を占めた僕は、9月26日にもポーアイ沖堤防のすぐそばのちっちゃーい波止に単独で突撃したのですが、指3本のタチウオ1本、40センチに満たないサゴシ1本という貧果でした…

途中、ドラグが鳴りっぱなしになるほどの大物も掛かったのですが、追いアワセですっぽ抜けちゃったんです。(T_T)
この日はお昼過ぎまでシャクリまくったのですが、タチウオもサゴシも激シブでありました…
やはり、お祭りの後に2匹目のドジョウを求めても、ハズレとなるパターンが多いですね。
あまりにドラマが無かったので、この日の分は動画もアップしていません。

なんとか気を取り直して、10月3日に釣りガールズを引き連れてポーアイ沖堤防本体のほうに突撃してきました。
前日までの釣果情報では青物もタチウオも渋かったようで、渡船場に並んでいる方もいつもの3分の1ほどしかおられません。
これは嫌な予感が…

さすがにこれだけ空いていると、ポーアイ沖堤防本体のほうでもゆったりと釣りができたんですが、果たして釣果はいかに?

沖堤防の先端方向となります。
最先端の灯台部分は潮通しが良くて、非常に競争率が高い人気ポイントです。
先端に入ろうと思ったら、一番船で速攻ダッシュしないとです。

左側が南向き(外向き)ポイントです。
神戸空港とポーアイの間の水道に面していますので、内向きよりは潮の流れが速いです。
青物の実績はこちらのほうが高いように思います。

右側が北向き(内向き)ポイントとなります。
こちらは潮の流れはかなり穏やかでして、タチウオ狙いがメインかと思います。
内向きでも青物の回遊はありますが…

当日の様子は、ぜひ動画をご覧くださいね。

僕のYouTubeチャンネル も、閲覧&チャンネル登録して頂けましたら幸いです。

結局3人合計で、サゴシ4本、タチウオ4本、エソ4匹という微妙な結果に終わってしまいました。
う~ん… 最近青物の釣果が全体的に芳しくないですねぇ…
今年はシーズン前半は調子が良かったのですが、ここにきてタチウオの釣果まで落ちてきています。
困ったもんです。

記事内広告PC

2017年10月13日 釣り仲間のBさんとちっちゃーい波止に釣行

この時も神明間は全体的に、青物もタチウオも絶不調の状況でした。
ボウズ覚悟で、ポーアイ沖堤防のすぐそばのちっちゃーい波止に突撃してきたのですが、
渡船場は無風だったのですが、沖は強風が吹き荒れていて非常に釣り辛い状況でした。
おまけに風のせいか体感温度も低くて雨も降りだす始末で、まるで修行のような釣行となりました。

釣果は指3本以上のタチウオを僕が6本、Bさんが1本でした。
あの悪条件の中でボウズを回避できたのは良かったと思います。
Bさんもジグでのタチウオ狙いが初めてで、最悪のコンディションのなか1本釣りあげたのは素晴らしいです。

動画も撮影は出来ていたのですが、強風で風音が酷くて、おまけに雨の水滴までレンズについてしまっていて、YouTubeへのアップは断念しました。
Bさん、すみませんっ!

僕が釣った分だけですが、当日の釣果です。

美味しそうなタチウオちゃんたちですねぇ。

この日も大事にしていたジグを1本、タチウオカッターで持っていかれました…
ぐぬぬ…

記事内広告PC

コメント

  1. hiro-B より:

    おはようございます!
    いやはや先日はお疲れ様でした、帰ってから目を見るとウサギになってました(笑)

    • やまねこ より:

      こんにちは!
      あの強風と寒さには参りましたね~。
      ボチボチ防寒対策もしないとですね。
      タチウオめっちゃ美味しかったですけど、さすがに指3本だと身が薄かったですね(笑)